株に詳しい人の多くはSNSを利用しています。その理由として挙げられるのは、株とSNSはどちらも流行により左右するということです。SNSは人々が今何に興味を示していて、次に経済がどう動くのかを予想するためのひとつのツールとなっています。

株運用で所得税のお得な減税方法

株式運用で利益が出した場合には、所得税15%、住民税5%合わせて20%の税金がかかります。また、2037年12月31日までは復興特別所得税として0.315%が加えられるため、20.315%の税金がかかることになります。
ただし、条件によっては、所得税のお得な減税方法があります。
年収が2000万円以下のサラリーマンの場合、給料以外の所得が年間20万円未満であれば、非課税になります。もし、株式運用のみで年間20万円以下の利益であれば非課税ということです。
ただし、証券会社の口座が特定口座(源泉徴収あり)の場合、確定申告の必要がないため、手間がかかりませんが、証券会社が利益に対して自動的に納税するので、年間20万円未満の利益でも税金が引かれます。
証券会社の口座を一般口座か特定口座(源泉徴収なし)にして、確定申告をすれば、年間20万円未満に対して非課税にすることができます。ちなみに、証券会社が取引報告書を作成するのが特定口座で取引報告書を作成しないのが一般口座となります。
株式運用の利益に対して、税金がかかるので、利益を少なくして節税する方法があります。
例えば、A、B、Cの3種類の株を保有しているとします。Aは含み益が25万円、Bは含み損が3万円、Cは含み損が4万円だとします。Aを売却して25万円の利益を出すと、25万円の20.315%が税金で引かれます。BとCの株を売却すると、7万円の損失になりますが、売却益の合計が18万円になります。年間20万円未満の場合、非課税なので税金がかかりません。もし、BとCの株式を売却する意思がないとしても、一旦、売却して損失を出し、再度、購入する方法も考えられます。